Skip to main content
Yシャツの袖

Yシャツの袖丈の直し方。

 Yシャツの袖は通常は写真のような形をしています。このYシャツの袖丈を詰めようとするには通常二通りの方法があります。

Yシャツの袖
Yシャツの袖

 まず、Yシャツの袖の開きの部分のパーツを“ケンボロ”と言いますが、これを短くしてお直しする方法があります。つまり、開きが小さくなるという事ですね。この方法は、¥1,500(税抜)でお直しできます。
 Yシャツの先端に付いているパーツをカフスと言いますが、このカフスは手首にピッタリとフィットするように作られているので、開きが無ければ、袖が出し入れできません。その開きを小さくしても大丈夫な方や見栄えを気にしない方、とにかく袖が短くなっていればいい方にはこの方法で十分と言えます。最も安価な方法です。

 二つ目はケンポロとカフスをそっくりそのまま移動する方法です。つまり、デザイン通りに袖丈をお直しする方法です。これは、¥2,500(税抜)になります。
 この方法はケンポロとカフスを外してから袖を詰めて、再びパーツを付け直す事になります。袖は先端に行くほど細くなっていますから、パーツを付け直すには袖の幅も直す必要があるので、前者の方法より料金が上がります。

 いかがでしたでしょうか?ジャケットでもシャツでも、トップスの袖丈の直し方は、デザイン通りに直すか、デザインを崩して直すか、です。
本当は、肩で袖丈という方法もあります。これにはある程度の制限がありますが、袖先のデザインを一切触らずに袖丈を直す方法ですので、デザインを残したい方には最も有効です。ただし、これはお直しの難易度が高く、料金も高くなるので別の機会に触れたいと思います。

 ご参考になれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です