Skip to main content
お直し事例

お直し事例

特徴的だった過去のお直し事例を掲載いたします。ご参考になさってください。

スキーパンツの丈詰めとウエスト出し

こちらは、スキーパンツの丈詰めとウエストを大きくした事例です。
スキーパンツの場合はウエストに縫い代が無い為、当店で用意した防水生地をハギ足しました。
もちろん、針穴から水が染みてこないように縫い目に止水テープを貼って、お直ししてあります。
特殊素材である為、縫製の難易度が高いです。
スキーパンツはデザインによって直し方が違うので、これはあくまで一例としてご参考になさってください。

特殊な裾仕上げ

こちらは、Gパンの裾上げでしたが、お客様のご要望で「ダメージを再現してほしい。」との事でしたので、丈を詰めた上で写真の様なボサボサのダメージを再現しました。横糸を丁寧に抜いた後、紙ヤスリで擦る事で、この様なボサボサなダメージを再現しました。今回、初めてこの仕上げに挑戦しましたが、お客様からは大変な好評を頂きました。この様な仕上げをご希望のお客様は、是非ご参考になさってください。今回は固いデニムでしたので、横糸を抜いただけでこの様なボサボサになりましたが、他の生地だと、切りっぱなしでは、ホツレてきます。どんな生地でも同じ様な加工ができる訳ではありませんので、ご了承ください。

ニット穴のお直し

ニット穴の修理です。これは、かなり分からなくなったと思います。今回の様に穴やニット生地の状態によっては、この程度まで修理する事ができます。ご参考になさってください。

パンツのウエスト出し

パンツのウエストを出した例です。ベルトを外して、後ろのダーツを取って大きくしました。ベルトは丈を詰めた時に出た残布でハギ足しました。ウエストをハギ足して大きくしました。今回のパンツの場合、丈も詰めたので残布があり、ベルトに同じ生地をハギ足す事ができました。ご参考になさってください。

袖丈詰め

こちらは、スカジャンのリブを付け直して袖丈を詰めました。こちらは裏地も付いていますので、生地の状態や縫製の仕方によってお値段は前後します。ご参考になさってください。

皮ジャンのファスナー交換

ファスナーのムシと呼ばれる金具部分が取れてしまい、ファスナー自体を交換しました。同じ様な色とスライダーのファスナーを取り寄せて、取り付けました。

ドットボタンが噛んだファスナー交換

ファスナーを交換しようしたら、ドットボタンがファスナーの生地部分に噛んでいました。交換するにはドットボタンも交換しなくてはならないので、プラスチックのドットボタンを付け直しました。

二本針ミシンによる丈直し

フこちらは、ジャージのズボン等によく見られる、表に2本の縫い目が出ていて、裏が振り糸になっている縫い方。
これは、特殊ミシンによる縫製になります。こちらの二本針ミシンを持っているお直し屋はあまりいないと思います。
主にジャージの様な伸びる生地やニット生地の縫製に使います。