Skip to main content

“みんな”と同じって、誰と同じ? (店長コラム)

「“みんな”と同じ・・・」の“みんな”とは誰の事でしょうか?。「“周囲”に合わせて・・・」の“周囲”とはどの範囲までのことでしょうか?。「“普通”だったら、・・・」の“普通”とは何と比べて言っているのでしょうか?
これらを「世間」とか「世界」と言い換える事のは違う気がしますね。そんな広範囲の話ではないですし、何よりこういった概念の定義は人それぞれ違うものです。
これらはファッション業界では「流行」と表現できるかもしれません。
 
 私は、洋服は自分の好きなものを着るのがベストだと思います。流行を追うっていうファッションセンスが全然好きではないです。皆様は、ご自身が考える“みんな”と格好を合わせるのは楽しいと思いますか?他人と服が被ったら、嬉しいですか?私だったら、楽しくも嬉しくもないです。

 他人が同じ服を、同じセンスで、同じ着こなしをしていたら、私だったら「この人はズレてる」と思いますね。不思議ですよね。“みんな”と同じ格好しているのに。皆様はどうですか?皆と同じファッションセンスを持っていて、常に最先端の流行を追っている人の服装を、「カッコいい」とか「カワイイ」って思うのは、本当に自分の感性だと思いますか?

 ファッションの世界では、“みんな”と同じモノを追っていると、誰も相手にしくれません。「自分は何が好きか?」これを打ち出さないと、どんどんズレていきます。

 当店の目指すものは「『元に戻す』だけでなく、『より良く』」です。当店をご利用していただいたお客様は、自分の好きな服をお持ちの方々ばかりです。その、「好きだ」という感情を忘れないで下さい。変な、コラムになってしまいましたが、読んでいただいて、ありがとうございました。                  店長  松永

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です