Skip to main content

首もとが開きすぎの服をお持ちの、あなたへ。

女性ですと、首もとが大きく開いた服を持っている方がいらっしゃると思います。確かに、そういった服は可愛くてデザイン性もある服が多いのですが、デコルテや胸元が見えるのが嫌だ、と言うお悩みを結構よく聞きます。特に年齢が上がってくると、嫌がる女性は増えてきますね。

そんな方々の為に、洋服お直しの力ではどんな事ができるかお教え致しましょう。

まず、単純に「首もとを詰める」という手段があります。肩の部分で首もとを持ち上げる様に詰めるという事ができます。こちらはデメリットとして、ある程度限度があります。多く詰め過ぎると、頭が入らなくなったり、肩や脇の下に違和感が出たりと、服全体に歪みが出てきます。

もう1つオススメなのが、デザインを変えて、フェイクレイヤードにしてしまう事です。フェイクレイヤードとは、2枚着ているように見えて、実は1枚の服というモノです。つまり、首もとだけに別布やレース等で、インナーを着ている様にデザインを変えてしまう手段です。

ニット系の服は伸びてしまって、首もとが大きくなる事があります。当店は、ニット系に強いので、是非ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です