Skip to main content

上手なお直し屋の条件。

私達は接客の際に、「ここがキツいのなら、こちらもキツくないですか?」といった類の、他にもあるかもしれない都合の悪い箇所を探る言い方をします。何故なら、言葉は悪いですが、お客様はある意味、『素人』ですので、1つの悩みを直してほしいと言ってきたところで、その悩みの原因が複数ある事は珍しくないからです。

どこから、どこを、どの程度直してほしいのか?これは、『素人』の方には上手く説明しにくいものです。何となく変だけど、どこを直せば上手くいくのか?を説明するのは、なかなか難しいと思います。ウエストがキツいから、単純にウエストだけ直したら、実は脇の方も直さなくてはならなかった、といった事はよくあります。そういった事にならない様に、私達は、一生懸命お客様と『会話』をする事を最重要と考えています。

私達が考える上手なお直し屋とは、先ずはお客様の話を聞く事ができるお直し屋だと思います。『優れた技術』、『豊富な知識』は確かに必要です。しかし、会話もお直しも一方的で、玄人目線で何でも決めてしまう、頑固職人みたいな人は、当店では“上手なお直し屋”とは考えません。

私達もお客様ともっとお話ししたいです。お互いの会話の中で、最適な洋服の形を発見していけたらいいなぁ、と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です