Skip to main content

洋服を創造する。

洋服のお直し屋が言うのも変かもしれませんが、洋服の命は短命です。それは、高い服でも安い服でも同じで、何十年も着れる訳ではないのです。デザインにしろ、生地にしろ、洋服はそれ程は長持ちしないという事です。

そもそも、高い服か安い服かを見た目で判断できる人は少ないです。安い服の品質は上がってきているので、性能面では高い服を上回る事もあります。デザイン性を持った安い服も出回ってますし、高い服にこだわる意味がだんだんと無くなっているのかもしれません。センスがあれば、お金を掛けなくてもイケてるコーディネートはできるものです。

高い服も安い服も、自分を輝かせる手段という意味では価値は同じです。「高かったから・・・、」という理由で着ている服は、果たして自分の価値を高く見せてくれているのでしょうか?服はどう着るかが大切ですね。

だったら、安くてそこそこのグレードの服を着るのが一番賢い気がしますね。次々と入れ替えて、傷んだら捨てる。どうせ、安いのだから。悲しいものですが、そんな考え方が、自分の価値を保つ方法とすれば賢いのかもしれません。

でも、その価値が他人とかぶったら、嫌ですよね。見えない場所なら良いですが、目立つ場所が他人と同じだったら、特に女性は嫌でしょう。

洋服お直しやリメイクは価値を作る作業です。TシャツにGパンでも生きていくには問題はないですが、ベーシックな服には“遊び”が無いので誰でも着れます。でも、ちょっと人と違う部分があるだけで、それはその人の価値になります。洋服お直しは修理ではなく、創造です。ちょっとした好みやこだわりを入れると、それは価値になります。

今着ている服に価値を持たせるのは皆様です。高かった安かったは重要ではありません。デザインや形はご自身で決めて良いのです。それに、最大限お応えするのが、当店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください