Skip to main content

裾のダブル幅についての豆知識。

皆様、ズボンの裾を詰めた時にどんな仕上げを希望されますか?男性の方の中には、ダブル仕上げが好きな方も多いと思います。ですが、ダブルの幅ってご自身にとってどれくらいがベストなのか、ご存知ですか?今回は、このダブル幅についての豆知識です。

ダブルの幅には流行があって、太い幅が流行った時もありましたし、細い幅が流行った時もありました。最近は、太い幅にする方が多くなっています。これは、平均身長が上がっているのが原因かもしれません。

実は、『ダブルは身長の高い方は太い方が、身長の低い方は細い方がカッコ良い』と言われています。

ですので、イタリアでは5㎝のダブル幅がベスト、と言われています。まぁ、もちろん体型にも寄りますけどね。

ダブル幅が太いと足がガッチリ見えますので、身長が低い方が太いダブルにすると足が大きく見え過ぎになる可能性があります。逆に身長の高い方が細いダブルにすると、足が細く見えすぎになる事も。体型のバランスにも寄りますが、お直しする際には、170㎝以上の人は4㎝以上のダブル幅。170㎝以下の人は3~3,5㎝程度が基準の一つとなります。0,5㎝単位の差でも結構違って見えます。是非、ご参考になさってください。

裾のダブル幅についての豆知識。” への2件のフィードバック

  1. なるほど、バランスですね❗参考にさせてもらいます。ところで浴衣をワンピースやスカートなどに作り変えることなんてですか?教えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください