Skip to main content

裾巾についての豆知識。

 皆様、自分にとってベストな裾巾ってどれくらいだと思います?今回は、裾巾についての豆知識を書きたいと思います

 裾巾は、裾先の幅の長さのことです。スキニーパンツですと当然細いですし、ブーツカットパンツですと裾巾は広くなります。ストレートパンツですと、裾巾はヒザの幅と同じくらいになります。

 では、裾巾はどれくらいが丁度いいのでしょうか?もちろん、お好みや体型、パンツの素材によって見え方は変わってきますが、最近は『18.5㎝』がひとつのトレンドと言いますか、特にメンズではスタンダードとなっているようです。

まぁ、この数字は、あくまで洋服お直し屋としての感覚であって、一般的な基準ではないですが。

お客様を採寸していると、大体が裾巾20㎝以下を選択され、平均が18.5㎝。細い裾巾がお好きな方や女性のお客様ですと、16㎝くらいのお客様もいますね。それ以上細くしたいって方もいますが、あまりにも細すぎると足首が入らなくなってしまいますので、これはケースバイケースですね。

年配の方々には裾巾20㎝以下は好まれない場合が多いですが、若いお客様は細くしたいって方が多いですね。もちろん、太い裾巾がお好きな方もいるでしょうし、パンツの種類によっては太い方がカッコいいモノもありますので、この『18.5㎝』はあくまで洋服お直し屋の感覚的なものとして、覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です