Skip to main content

縮んでしまった服について。

 当店は洋服お直し屋なので、業者の方から依頼を受ける事はよくあります。一番多いのはブティック店でその次がクリーニング屋ですね。

クリーニング屋さんが持ち込む依頼の中には、「(お客様が)服が縮んだってクレームを言ってきたのだが、直せる?」っていうものがあります。

これは、ある意味不思議なクレームです。ドライクリーニングで服が縮むなんて事があるのでしょうか?

ドライクリーニングは水を使いません。ウールは水に浸かると縮みますが、ドライクリーニングではそれは無いと思います。ドライクリーニングと水洗いを間違えるような凡ミスは、よっぽど下手なクリーニング屋さんならあるかもしれませんが、看板出している店で普通はあり得ないです。

 縮んだ服は基本的は元に戻らないです。アイロンで引っ張って無理矢理元に戻そうとする方法もありますが、それはその場しのぎでしかなく根本的には直ってないです。洋服の袖や着丈が短くなってしまったのなら、洋服直しの技術で直せる範囲には限りがあります。

ウールセーターくらいだったら、元に戻す方法を知っているクリーニング屋さんもあるみたいですが、裏地が出てくる程縮んだスーツやコートまで元に戻すことはできないと思います。

当店でも、縮んだ洋服を何とか着れるようにお直しした例はありますが、そのほとんどがリメイクのようなお直しです。元通りに戻すことはできなくても、当店の服活リノベーションのように着れるようにすることは可能かもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です